動詞の自他について

吉川 武時

自他の対応は、原則として格助詞 「」の対応をするが、 本稿では「が-を」以外の対応をするものについても述べる。 また、フォーク型対応と言って、 1つの自動詞に2つ(以上)の他動詞が対応するもの、 この逆のものなどについても述べる。

自動詞・他動詞の対応、 いわゆる自他の対応とは「開く akU:開ける akERU」 のように、語根(ak-)を共通にし、接尾辞(-U、-ERU) によって自動詞・他動詞となる1組の動詞のことである。 この接尾辞「-U、-ERU」は、自他の対応のパターンの1つである。 こうした対応のタパーンは、以下に挙げるように 11 (その他を入れると 12)ある。 対応する自動詞と他動詞は、一般に 「戸開く:戸開ける」のように、 「ガ格名詞+自動詞」「ヲ格名詞+他動詞」 として用いられる。格助詞だけを示せば 「」であるので、自他の対応とは 「」の対応と言うことができる。 しかし、数ある動詞の中には“自他の対応”と言っても、 「が-を」以外の対応をするものがある。 そこで、各対応のパターンについて、 これらを調べてみる。

自動詞と他動詞の形の上の対応のルール

(1)ふさがる ふさぐ  husag-ARU  husag-U
(2)あがる   あげる      ag-ARU     ag-ERU
(3)あく     あける      ak-U       ak-ERU
(4)とれる   とる       tor-ERU    tor-U
(5)ぬれる   ぬらす     nur-ERU    nur-ASU
(6)たおれる たおす     tao-RERU   tao-SU
(7)かわく   かわかす kawak-U    kawak-ASU
(8)のびる   のばす     nob-IRU    nob-ASU
(9)おちる   おとす      ot-IRU     ot-OSU
(10)のこる   のこす    noko-RU    noko-SU
(11)のる     のせる      no-RU      no-SERU
(12)きえる   けす        k-IERU     k-ESU
            『日本語文法入門』(アルク)(p.72~74)。
この中で一番 数が多いのは(2)、次いで(3)である。 これをじっとながめていると、いろいろなことが見えてくるだろう。

(1)ARU-U husagARU-husagU

次の例は、一般的な「」の対応をする。
自動詞他動詞
ふさがる泥で穴がふさがるふさぐ栓で穴をふさぐ
つながる電極がつながるつなぐ電極をつなぐ
ささる指にとげがささるさす腕に針をさす

「くるまる:くるむ」


「くるまる:くるむ」も「が-を」の対応を するが、用法に差がある。
自動詞他動詞
くるまる? 野菜が紙にくるまる
赤ちゃんがふとんにくるまる
くるむ野菜を紙にくるむ
? 赤ちゃんをふとんにくるむ

「またがる:またぐ」

「またがる:またぐ」は次のようになる。
自動詞他動詞
またがるどぶまたがる
この問題は両方にまたがる
またぐ どぶまたぐ
* この問題は両方をまたぐ
上の例では「」の対応をしているが、 下の例のように「またぐ」が使えない場合もある。

◎「フォーク型対応」について

--「つながる:つなげる、つなぐ」を例に--
ある1つの自動詞(あるいは他動詞) に対して2つ(以上)の他動詞(あるいは自動詞)が 対応している場合がある。 これをフォーク型対応と言う。 自動詞を左側に、他動詞を右側に置いたとき、 右に開くようなフォーク型対応を右フォーク型 と言うことにしよう。(あとで述べるが、 左フォーク型もある。)
つながるつなぐ  tunagARUtunagU(1)
つなげるtunagERU(2)
この例では「つながる」という自動詞に 「つなぐ、つなげる」という2つの他動詞が対応している。 「つながる:つなぐ」の対応は(1)のパターンであり、 「つながる:つなげる」の対応は(2)のパターンである。

◎フォーク型対応の場合の助詞の対応

--「つかまる:つまむ、つかまえる」を例に--
次の例「つかまる:つかむ、つかまえる」 もフォーク型対応である。
つかまるつかむ  tukamARUtukamU(1)
つかまえるtukamAERU (その他)
この例では、他動詞「つかむ」と「つかまえる」は使い分けられている。このような場合、自他の対応が二組 考えられる。 「つかまる:つまむ」と「つかまる:つかまえる」である。また漢字で書くときは、異なる文字を使う。
「つかまる:つまむ」は「」の対応をする。 漢字は「掴」を書く。
自動詞他動詞
つかまる吊り革つかまるつかむ 吊り革つかむ
「つかまる:つかまえる」の対応はどうなっているか、 次に調べてみよう。なお、この場合、漢字は「捕」を書く。
自動詞他動詞
つかまる泥棒巡査つかまる つかまえる巡査泥棒つかまえる
助詞の対応を調べるには、 同じ名詞に付く格助詞を比較する。 分かりやすくするために補語を1つずつにすると、次のようになる。
つかまる 泥棒   つかまる つかまえる    泥棒つかまえる
   巡査つかまる 巡査   つかまえる
「泥棒」が「泥棒」となっている。 つまり、「」の対応である。 また、「巡査」が「巡査」となっている。 つまり、「」の対応である。 つまり、「」の対応と「」 の対応があるわけである。

「からまる:からむ」

「からまる:からむ」は、 一見(1)のパターンの自他の対応と考えられる。 しかし、用法をよく調べてみると、そうとは言えなくなってくる。
自動詞他動詞
からまる糸が棒にからまる
? 酔っぱらいが市民にからまる
からむ? 糸が棒にからむ
酔っぱらいが市民にからむ
上の例に見るように、 「からむ」は「を」を取らない。 さらに、用法が相補的(互いに補い合う形)になっている。 これは、よく似ているが別の意味の動詞(自動詞)と考えられる。 そこで次のようになる。
自動詞他動詞
からまる糸が棒にからまる
? 酔っぱらいが市民にからまる
...............
からむ? 糸が棒にからむ
酔っぱらいが市民にからむ
... ............

これとは別に「からむ」を 「に」を取る“他動詞”と考えることもできる。

さらに、あまり使われないが「からめる」 という動詞(他動詞)もある。 これらを考え合わせると、次のようなフォーク型対応をしていると考えられる。 (「からむ」を一応 他動詞側(右)に置く)
からまるからめる  karamARUkaramERU(2)
からむkaramU(1)
 
そして次の3つの言い方ができる。
 からめる   他動詞        棒に糸をからめる
  からませる  「からむ」の使役形  棒に糸をからませる
  からまらせる 「からまる」の使役形 棒に糸をからまらせる

(2)ARU-ERU agARU-agERU

次の例は、一般的な「」の対応をする。
自動詞他動詞
つまるりんごが箱につまるつめる りんごを箱につめる
はまる絵が額にはまるはめる 絵を額にはめる
改まる規則が改まる 改める規則を改める

「つとまる:つとめる」

「つとまる:つとめる」は次のように用いられる。
自動詞(他動詞)
勤まる仕事勤まる勤める 会社勤める

「勤める」は「を」を取らないから厳密な意味で他動詞とは言えない。 名詞に付く格助詞を見ると「が」「に」となっているが、同じ名詞が用いら れているわけではない。意味的にやや特殊な対応をする動詞である。

「あずかる:あずける」と「さずかる:さずける」

「あずかる:あずける」は、両者とも「を」を取り、 厳密な意味での「自他の対応」とは言えない。しかし、一般の ARU-ERU で自他の対応をする動詞と違うという感じがしない。
問題は、その対応において格助詞がどう変わるかである。 次の例で、同じ名詞に付く格助詞に注目してみよう。
銀行からお金を預かる銀行お金を預ける
銀行   お金を預かる  銀行お金を預ける
   人からお金を預かる   お金を預ける
「銀行が」が「銀行に」となっている。つまり「」の対応である。 また、「人から」が「人が」となっている。つまり、「から」の対応である。 「お金を」はそのままである。つまり、「」の対応と「から」の対応 があるわけである。
「さずかる:さずける」も「あずかる:あずける」と同様に考えることができる。 ただ、この場合は「から」の代わりに「に」でもよい。
夫婦神様から子供を授かる 神様夫婦子供を授ける
夫婦神様 子供を授かる
夫婦    子供を授かる   夫婦子供を授ける
    神様から子供を授かる 神様   子供を授ける
   神様 子供を授かる

◎フォーク型対応の動詞

ARU-ERU の対応パターンに関わる、 いくつかのフォーク型対応の動詞を見てみよう。

1「つまる」などについて

「つまる」「つめる」「つむ」「つます」など 互いに関連する動詞がある。これを整理すると次のように 3組の対応パターンを考えることができる。
 「つまる:つめる」 tumARU tumERU (2)の対応パターン
  「つむ:つめる」  tumU   tumERU (3)の対応パターン
  「つむ:つます」  tumU   tumASU (7)の対応パターン
しかし、意味を考えると、 「あるものの中に別のものをいっぱいに入れる」という意味では 「つまる:つめる」だけである。 「つむ」は将棋用語として「玉がどこへも逃げられないようになる」ことを 意味する自動詞である。それに対する他動詞は「つめる、つます」の二つがある。 この意味で「つむ」と「つめる、つます」はフォーク型対応をなしている。
自動詞他動詞
つむ玉が詰むつめる玉を詰める;詰め将棋
つますこの玉を詰ましてごらん
「つませる tumASERU」は「つむ」 の使役形で、これも用いられる。

2「あわさる」などについて

漢字「合」を使った場合の「合わさる、合う:合わせる」は 次のように用いられる。
自動詞他動詞
合わさる2枚の紙合わさる
*答えが合わさる
合わせる2枚の紙合わせる
合う答え合う答え合わせる
一般的な「」の対応を していることが分かる。ただし「答えが合わさる」という 言い方はせず、「答えが合う」と言う。 自動詞では「合わさる」「合う」があるが、 他動詞では「合わせる」しかない。 つまり、フォーク型対応である。左向きのフォークである。今までのは右向きフォークだった。
合わさる合わせる  awasARUawasERU
合う aU
漢字「会」の場合は人について用いられ、 「会う:会わせる」という対応をする。「会わさる」とは言わない。 「会う:会わせる」は自動詞・他動詞の対なのか、 それとも自動詞「会う」とその使役形なのか、問題になる。
 Aが 友達に会う  Aを 友達に会わせる
この例を見ると、 やはり「会う:会わせる」は自動詞とその使役形という 関係と考えられる。

3「やすまる:やすむ:やすめる」について

この3語はこういうフォーク型なのか。
やすまる やすめる
やすむ
あるいは、こういうフォーク型なのか。
やすまる やすめる
やすむ
「やすむ」の位置によって2通りに考えられる。 いずれにしても「やすまる:やすめる」と対応している ことは間違いない。そして、この場合、格助詞の対応は 「」となっている。
自動詞他動詞
やすまる体がやすまるやすめる 体をやすめる
「やすむ」の典型的な例は「会社をやすむ」であろう。この場合、「やすむ」は自動詞なのか、他動詞なのか。 そもそも、この「を」は何の「を」なのか。通るところの「を」(「道を歩く」)ではない。離れるところの「を」(「家を出る」)でもない。 鳥飼浩二は<対象>を表さないと考えられる「を」の(8)として「不在の場所や不参加の催しを表すもの」(例:学校を休む)を挙げている。(鳥飼浩二「自他動詞の認定をめぐる序論」『月刊言語』1993年5月号、大修館書店)。 そこで、この「を」を不在・不参加の「を」と言うことにしよう。このように、対象を表さない(と考えられる)「を」と共起する動詞は自動詞である。したがって、
やすまる やすめる yasumARU yasumERU
やすむ yasumU
こういう図のフォーク型と 考えるのが適当ということになる。

4「ちぢまる、ちぢむ:ちぢめる」について

左フォーク型である。
ちぢまる ちぢめる tizimARU tizimERU
ちぢむ tizimU

5「つたわる:つたえる」について

次の例では、格助詞は「」の 対応をしている。
自動詞他動詞
つたわるうわさがつたわるつたえる連絡事項をつたえる
次の例では、「」 の対応と「」の対応がある。 自動詞の方に現れる「を」は通るところを表す「を」である。それは他動詞表現では「が」となる。
自動詞他動詞
つたわる電気が導線をつたわる
電気が   つたわる
つたえる導線が電気をつたえる
      電気をつたえる
また「つたう」という動詞は「つたわる」 と形も意味も似ているが、具体的な用法は異なる。
つたう 水がといをつたって流れる    
「つたう」は自動詞である。 この意味に対応する他動詞はない。「つたえる」は意味が異なる。
他動詞がない場合に“他動詞的”表現をする ときは、使役形が使われる。上の文を他動詞的に表現すると 「水を といを つたわせる」となるが、この言い方は少しおかしい。 ヲ格名詞を続けて使っているからだ。 このことを「二重ヲ格禁止の原則」と言う。 「水に といを つたわせる」としても自然な日本語ではない。 そこで「水」をあとに持って行って 「といをつたわせて 水を 流す」とすれば、適切な文になる。

6「まざる、まじる:まぜる」について

左フォーク型である。
まざるまぜる  mazARUmazERU
まじる mazIRU
自動詞に二つの形があるが、微妙な意味の差がある。
まざる……2種類のものがほぼ同量入り込む
まじる……あるものの中に別の少量のものが入る
他動詞「まぜる」ではこの差はなくなる。

(3)U-ERU akU-akERU

◎フォーク型対応の動詞

U-ERU の対応パターンに関わる、 いくつかのフォーク型対応の動詞を見てみよう。

1「したがう:したがえる」

「したがう:したがえる」は 次のように用いられる。この意味では 「」の対応と 「」の対応がある。
自動詞他動詞
従う家来が主人に従う

家来が   従う
   主人に従う
従える主人が家来を従える

   家来を従える
主人が   従える
次の「従う」は上の例と用法が違う。 対応の他動詞がなく、もし他動詞的表現をする必要があれば、 使役形を用いることになる。
自動詞使役形
従う生徒が校則に従う従わせる生徒を校則に従わせる

2「しずむ、しずまる、しずめる」について

これらの動詞については「しずむ:しずめる」 という対応と「しずまる:しずめる」という対応があって、 一見フォーク型対応をなしているように見える。 しかし、次のような理由でこの「しずめる」は別の語と考えられる。
「しずむ sizumU:しずめる sizumERU」は 漢字で書けば、「沈む:沈める」である。 アクセントは平板式である。
一方、「しずまる sizumARU:しずめる sizumERU」 は漢字で書けば、「静まる:静める」であって、 アクセントは中高式である。(2)の対応パターンである。

(4)ERU-U   torERU-torU

この対応パターンでは自動詞と 他動詞の可能形とが同じになってしまい、 意味を区別するのに注意が必要である。
 問題が解ける        自動詞
    あなたはこの問題が解けるか 可能形

◎フォーク型対応の動詞

ERU-U の対応パターンに関わる、 いくつかのフォーク型対応の動詞を見てみよう。

1「とける:とく、とかす」について

次の例では「とける:とく」と対応している。 格助詞は「」の対応をしている。
自動詞 他動詞
とける問題とける とく問題とく
次の例では「とける:とかす」と 対応している。格助詞は「」の 対応をしている。
自動詞 他動詞
とけるとける とかすとかす
漢字で書くときは、一般に「解」を使うが、 後者では「溶・融」も使われる。フォーク型対応と言っても、 このように用法が違う。また、他動詞「とかす」には 「髪の毛をとかす」という用法があるが、 これに対する自動詞はない。

2「ぬける:ぬく、ぬかす」について

フォーク型対応をしているが、 他動詞の「抜く」と「抜かす」は微妙に使い方が違う。 次の例では「ぬける:ぬく」と対応している。 格助詞は「」の対応をしている。
自動詞 他動詞
抜ける抜ける 抜く抜く
次は自動詞「抜ける」の例と 他動詞「抜く」の例である。これらは意味的に 対応していない。
自動詞 他動詞
抜ける1人抜けるとマージャンができなくなる   
  抜く前にいる選手を抜いた
次の例では「ぬける:ぬかす」と対応している。
自動詞他動詞
抜ける名前を呼ぶとき1人抜けた 抜かすうっかり1人 抜かして名前を呼んだ
次は「抜ける」が「抜く」の可能形の例である。 (4)ERU-U の対応パターンではこういうこともあるから、 注意が必要である。
 瀬古ならあと3人 抜ける。(=抜くことができる)                ・

(5)自他同形の動詞について

自他同型の動詞もいくつかある。
自動詞 他動詞
増す水かさが増す 増す精度を増す
ひらく夢は夜開く ひらく本を開く
終る話が終る 終る話を終る
「話が終る」「話を終る」では自他同形だが、 自動詞「終る」には「終える」という他動詞もある。 「終わる」「終える」は (2)ARU-ERU の対応パターンである。

[参考]

森田良行は「自動詞と他動詞」 『国文法講座6』で自他同型の動詞をこんなにも挙げている。

「あける、唸る、下ろす、負う、折り返す、送る、利く、 組む、繰り出す、越す、さす、さし込む、渋る、する、 迫る、備える、垂れる、付く、突っ込む、募る、詰める、 吊る、手伝う、閉じる、伴う、濁る、覗く、運ぶ、弾む、 はだける、働く、はねる、張る、引く、引き上げる、開く、 控える、吹く、吹きつける、吹き込む、塞ぐ、ふるう、 ふるまう、触れる、卷く、負ける、増す、間違う、見合う、 見直す、結ぶ、持つ、休む、病む、寄せる、割る、催す」
===同じ名詞がくるもの===
 つく  (手が~/手を~)
 閉じる (目が~/目を~)
 伴う  (危険が~/危険を~)
 運ぶ  (話が~/話を~)
 はだける(胸が~/胸を~)
 はねる (泥が~/泥を~)
 張る  (根が~/根を~)
 開く  (つぼみが~/つぼみを~)
 触れる (手が~/手を~)
 卷く  (渦が~/渦を~)
 増す  (水が~/水を~)
 催す  (眠気が~/眠気を~)

この中には自他で意味の異なるものもある。 例えば、「手がつく」「手をつく」。 また、「伴う、増す」は自他のどちらが主な用法とも言えないが、 その他は、他動詞が本来の用法で、そこから自動詞の用法も 派生したものと考えられる。

===異なる名詞がくるもの===
 弾む  (ボールが~/チップを~)
 働く  (知恵が~/盗みを~)
 引く  (潮が~/手を~)
 吹く  (風が~/笛を~)
 結ぶ  (実が~/紐を~)
 持つ  (体が~/荷物を~)

この中には「チップを弾む」「盗みを働く」 など、特別の意味のものもあり、 本来 別語とすべきものも含まれている。 「風が吹く」「笛を吹く」の「吹く」は別語とすべき で、その他は他動詞が本来の用法で、自動詞の用法がそれから 派生したものと考えられる。


参考文献
多数あるが、以下には直接 参考にしたもののみを挙げる。
岩田典之(1988)「『自動詞・他動詞』及び『~てある』について」 『天理大学別科日本語課程紀要』第2号、天理大学
鳥飼浩二(1993)「自他動詞の認定をめぐる序論」 『月刊 言語』1993年5月号、大修館書店
豊田豊子(1994)「使役と動詞の自他」未刊行資料
西尾寅弥(1988)『現代語彙の研究』明治書院
仁田義雄 編(1991)『日本語のヴォイスと他動性』くろしお出版
早津恵美子(1989)「有対他動詞と無対他動詞の違いについて」 『言語研究』95号、日本言語学会
森田良行(1987)「自動詞と他動詞」『国文法講座6』明治書院
吉川武時(1989)『日本語文法入門』アルク
山田浩三(1976)「自動詞・他動詞について(1)」 『紀要』第1号、国際学友会日本語学校

トップページへ
総合目次へ